スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

 Nl、Be旅行記(4/7AM)

■4月7日(金)
さて、すっかり間を置いてますがベルギーのレポとか。
ベルギー王国の基本情報についてはコチラをご参照くださいませ。
DOLではアントワープが港として導入されてる国です。
歴史背景がオランダ同様複雑なため、現在でも国の中で地方により
オランダ、フランス、ドイツの3つの言語が使われています。
面白いですね、漢字の当て字で「白耳義」。略号「白」ですって。

ベルギーを訪れるのはこれで2度目になるので今回はあんまり写真を
撮らずにきてしまいました…(´ω`)。
古い写真を引っ張ってきて載せられればよかったんですが、
ウチのスキャナは型が古いのでフィルムスキャンが出来ません。
トホホ(つω`)。そろそろ買い換えようかなぁ・・・。

040701.jpg

アントワープ郊外のホテルで朝を迎えました。
目の前には高速道路、遠くに街と教会の尖塔が見えます。
この日は色々と災難が待ち受けていたのですが、
そんなことは予想にもせずバスでアントワープの旧市街へ向かいます。
 
 
いきなりここから災難は始まりました。
バスの運転手さんはラトビア(だったような)から出稼ぎにきている方で
実はあんまり道を知らない…。添乗員がそれに気づいたのは昨日。
それまでずっとベルギーの運転手さんだと思われていました。

そして今日も、バスについてるナビで現地ガイドさんを拾いに
待ち合わせ場所に行こうとしていたところ…
040702.jpg
迷子。

…ドコここ…(´ω`;)。明らかに以前見たアントワープとはかけ離れた
風景…。
イースターのタマゴ飾りが並んでいる小さな町でした…。
しかも、拾うハズのガイドさんは見つからず。
目的地近くを堂々巡りすることしばし…。
添乗員さんはガイドさんに携帯で連絡をとり確認すると、
なんと違う街の同じ名前の教会へたどり着いていた模様。

慌てて待ち合わせ場所を変更し、とってかえします。
添乗員さん曰く、欧州は同じ名前のついた教会が多いとのこと。
まぁ、確かにわかるけど…アリエネーでしょー(;´Д`)。
ここで約一時間以上のロスタイム。
そして、バスの運転手は翌日交代させられたのは言うまでもなく。


どうにかその街を離れ、見覚えのあるアントワープの街に。
旧市街地は車の乗り入れが原則禁止のところなので、
スヘルデ川沿いにある駐車場で降りて歩きます。
040703.jpg

まるで日本の市場みたいな屋根が続いてるところが全て駐車場。
この駐車場の先には堅牢な石造りの城…というか要塞があります。
カール5世が拡張し、後に牢獄としても使われていましたが
今はステーン国立海洋博物館として複製船や航海資料が
置いてあります。DOLプレイヤーなら是非訪れたいところですが…。
今回もツアーには組み込まれておらず(つД`)。写真すらとれなんだ。

そんな駐車場の屋根の上に
040704.jpg
ロロ兜発見!

…イヤ、なんでもないです、ハイ。(´ω`;)。
普通のタダの公共の駐車場なのに、
昔、海洋大国の一部であったのを感じさせます。
アントワープは欧州一栄えた都市でもあったんですが…。
…歴史は儚いものですね。ま、それが魅力でもあるのは事実…。


040705.jpg

グルン広場から見たノートルダム大聖堂。
前来た時にはなかった屋根つき展望台(東屋ぽ)が出来てました。
そこに登るといいカメラアングルになります…。考えたわねぇ。
この写真の右には広場に面してヒルトンホテルがあります。
こんなとこに泊まってみたいわ…。そしたら一日アントワープ三昧ヨ。

040706.jpg
ピーテル・パウル・ルーベンス

広場に立つのはフランドル画家の巨匠ルーベンスの像。
ルーベンスの家はここの広場から東へ、アントワープ中央駅に行く
途中にあります。こちらもすばらしいですが今回のツアーにはナシ。

そして、ルーベンスが偶然にも指している赤い屋根…
040707.jpg

世界のマクドナルドアントワープ編です。(しつこい)
例によって景観になごんでいるため赤いひさしとMマークがないと
多分気づきません。


040708.jpg

◆ノートルダム大聖堂(Onze-Lieve-Vrouwe kathedraal):1520
またはアントワープ聖母大聖堂(O.-L.-Vrouwekathedraal Antwerpen)
1352年から建築が始まり、ほぼ完成したのが1518年。
完全なブラバントゴシック様式の建築物として現在も残っています。
(世界遺産指定)※もう一つはグランプラスにある市庁舎。
火災やら資金難やらと大変な思いをして約170年かけて出来ました。
時計のついてる北塔は最後に出来上がり、南塔は資金難のため
建たずに終わりました…(´ω`;)。※写真右側が南塔予定
教会の建築って主祭壇の部分から作られるらしく、大抵塔とかは
一番最後に出来上がるんですって。ちなみにこの塔は123m。
ゴシック建築の特徴である垂直性がよく現れてますね。
大きい建築物なので近くからだとマトモに写真におさまりません。

ここの教会についての歴史は国と合わせて非常に複雑なので
割愛させていただくます。興味のある方は調べてみるといいかもです。
ちょっと当時のスペインとフランス軍が許せなくなる背景もアリ…。
スペインのアレッサンドロ・ファルネーゼも関わってきますヨ。
ちなみに2ndの副官(オズバルド)もこの名前にしてあります。エヘン。
昨日船医が27Cだったのを確認しました。ダメジャンorz



アントワープ大聖堂と言えばルーベンス、ルーベンスといえば画家。
フランドル絵画の巨匠、美術、☆7クエ。(最後のは何か違う…)
興味がある方は是非(´ω`)b

■マルセイユ 冒険者ギルド
社交的な画家(探索7美術9開錠7☆7報酬167k)
ルーベンスという画家をしっているか?フランドル出身の画家なんだが、
絵も本人もちょっとかわってるらしい。彼に興味を持つ貴族が、
彼について調べてほしいと言って来てな。それが今回の依頼だ。
シャイロック頭取なら何か知っているだろう。たずねてみてくれ


…アントワープ大聖堂主祭壇左…探索中…

040709.jpg
ぺかぺかり~ん!(SE)

キリスト昇架」(1609-1610年)を発見しました!
冒険経験値獲得、紋章「クロス」獲得!


絵が大きすぎてガッツポーズまで写りませんでした。orz
…観光客の周りでガッツポーズをする図はかなり恥ずかしいです。
でもこの旅の目的は果たした。満足(´ω`*)。



■ストックホルム 冒険者ギルド
王の画家にして画家の王(探索7美術9開錠7☆7報酬128k)
あんた、前にルーベンスの絵を調べていただろう。
実は、彼が注文と違えて描いたという絵があるんだ。
彼は社交的といわれているからあまり我を通す性格じゃないと
思ったんだが、やっぱり芸術家なんだな。
しかもその絵の評判はすこぶるいいらしい。まずは本人と話をしてくれ


…アントワープ大聖堂主祭壇右…探索中…

040710.jpg
ぺかぺかり~ん!(SE)

キリスト降架」(1612年)を発見しました!
冒険経験値獲得、紋章「クロス」獲得!


この絵といえば、名作「フランダースの犬」を思い浮かべる方も
いらっしゃるかもしれません。
最後のラストシーンで少年ネロがパトラッシュと息を引き取るシーン。
「パトラッシュ、僕は見たんだよ。ルーベンスの絵を…」
嗚呼、思い出すだけでも…ぶわっ(´;ω;`)。
TV東京にとても良いマトメページを発見

上記2枚の絵は観音開き状態になっていて、昔は日曜祝日など
決まった日でないと見ることが出来なかったようです。
そしてこの観音開きの裏側にもすばらしい絵が描いてあります。
実はそちらのほうが私としては気に入ってる絵だったりするのですが
あまり紹介される機会もありません…。残念。
折を見てUPしましょうかね…。


040712.jpg

とてもすばらしいクロスです(´ω`*)。奥が主祭壇になります。
クロス紋章が手に入るのはこれがあるせいかな?。
はて、そういえばこの主祭壇も確か何かあるのではなかったか?
040711.jpg
特に変わったところは見つかりませんでした。
(SE無し)

アレ?(・ω・)
探索R足りなかった?

よく調べてみたら、DOLでのルーベンスの3連作についてのクエは
上の2つしかありませんでした。なんでやねん(`ω´)。
描かれた時代がちょい後だから範囲に含まれなかったのかな…。
何せ、ルーベンスまだネーデル宮廷にいるしな・・・。わからんなぁ。
休戦協定期間中なのか…1609年以降なのは間違いないし。
史実とDOLをあわせると混乱してきます。

未導入発見物ですが、主祭壇の「聖母被昇天」(1626年)。
040713.jpg
左:マウリッツハイス美術館の下絵
右:アントワープ大聖堂の主祭壇画

マウリッツハイスではフラッシュたけないのであんまりキレイに
撮れませんでした。この下絵はいわゆる持ち運び用で、祭壇画の
依頼主にこんな感じでどーよ?と見せるもの。
下書きにしてもすごいのがルーベンス。
祭壇画は4.9m×3.25mと大きなものです。スバラシス。


同じ「聖母被昇天」と名のつく絵がもう一枚あります。
コルネリス・スフットという画家の天井絵です。
040720.jpg

まさにネロとパトラッシュが天使に囲まれて天上に昇るシーンを
思い出させる天井です。*ファ~*
差し込む光と空間、そして垂直性のブラバントゴシックの作りが
見て取れます。とてもステキ。


040714.jpg

そのまま首をぐいーと天井に向けます。
天井には星がちりばめられていたり、聖歌隊の控え室とかには
さらにキレイな模様が描かれていたりとか、美しいです。
DOLに登場する各地の教会の天井も同じように描かれています。
普段見ることもないでしょうが、たまーにカメラのアングルを変えて
建物の中を見てみるのも面白いですよ。


040715.jpg

更にぐるりと真後ろを向くと入ってきた入り口があります。
その上には聖セシリアと天使を飾ったシュヘイヴェンオルガン
あります。立派です。どんな音色なのか聞いてみたいわぁ。


040716.jpg

こちらはメツェレルオルガン。新しいもので1993年製だそうです。
特殊な構造により、昔の音色が出せるんだとか。ほへー。
これもあと200年もしたら骨董品の部類に入るんだろうなぁ。


040717.jpg

樫の木の説教段(1713年)。教会中央のやや右よりにあります。
多くの人に説教の声が聞こえるように、この上にのぼるんだそうです。
もともとはこの教会のものではなかったようですが、
自然バロック主義のすばらしい作品です。


040718.jpg

契約の櫃型の聖櫃…。なんですが、真上の絵のところにスプライトが
写りこんでます(´ω`;)。えー・・・フラッシュのせいですね。多分。
某教授はプラズマだとか言いそうですが。(笑)
過去、教会は地元の有力者や貢献者、聖職者の墓地でもありました。
あまりにも過剰なことになり禁止令が出てからはそれもありませんが、
いまでもこの教会のように古い教会には足元の床にその場に
誰が眠っているか刻まれています。
へんな話お墓踏みつけて見学してる状態でアリマス。
なのでスプライトが写ってもなんの不思議もないんですが。
…フラッシュのせいってことでひとつ(´ω`)。


040719.jpg

ここの教会もすばらしいステンドグラスがそろっています。
写真はこの教会の有力者たちの家紋が入っています。
他にも、この国についてや聖書の内容など、言葉が読めなくても
絵でわかるようにと作られているものがいくつかあります。
ゆっくり見ている時間がなかったのが残念(T_T)。



アントワープ大聖堂を後にし、
すぐそばのマルクト広場(Grote Markt)へ。

040721.jpg

建ち並ぶギルドハウス
まだ午前中だったためか、人通りもなく閑散としています。


040722.jpg

イタリア+フランドルルネッサンス様式の豪華な
アントワープ市庁舎(Stadhuis)1561-1564


040723.jpg

市庁舎前の広場中央には、アントワープの伝説の人ブラボーの噴水
ローマ軍の隊長シルヴィウス・ブラボー。
スヘルデ川で重税を取っていた巨人アンティゴンの手を切り落とし
川に放り投げたという伝説が現在のアントワープの名前の由来とか。
handwerpen(手を投げる)⇒Antwerpen
この地の公爵、ブラバント公の名前もブラボーからきたとか。
…なんでローマ軍の隊長がこんなトコにいたのかとか、
巨人てなんだYO!とか聞いちゃダメ。伝説ですから(´ω`)

この広場からちょっと離れたところに巨人の切り取られた大きい手の
モニュメントがぼてっと転がってます。
最初の迷子のせいで時間が無くなったので今回は見れませんでした。


040724.jpg

マルクト広場でそんな見学をしていると、
2頭立ての観光馬車がやってきました。ちょうどこの広場発らしいです。
おんまの足のルーズソックスみたいな毛がカワユス。(´ω`*)


040725.jpg
なかよし(*´ω`)

止まったところをお写真にとろうとすると、おんまさんサービス満点。
時間があれば乗ってみたかったなぁ。

040726.jpg

街で見かけたカワユス看板(´ω`*)。ホテルと郵便屋さん。
なんか昔の旅籠イメージかしら。
なんでラッパがついてるのか…は翌日ゲントでわかるのでした。

そんなこんなでアントワープ見学終了。
…つーか、大聖堂と広場しか見てないじゃんYOヽ(`皿´)ノ。プンスコ
迷子の時間ロスはイタかったな…。

お昼ごはんは天井のない美術館、都市丸ごと中世のブルージュで。
ここでも災難が待ってるとは知らずに向かうのでした。。。


4日目午前中おしまい(´ω`)

ぽちぼたん。



# | 2006/04/23 16:53 | 日々雑記 | Comment (4) Trackback (0) |

コメント

うわ~うわ~、「キリスト降架」すごくいいわぁ・・・。
力なくくずおれる重たいくんにょり感と、それを見守る人々の
空気がにじみ出るような、ゾクゾクするような宗教画です。
「聖母被昇天」も浮遊感で足がモソモソしそうになる~。

ところで、石や草は採集しなかったんですかw

>だぁさま
リアル美術発見イイヨ発見(´ω`*)。
絵は堪能しるだけじゃなく、見て当時を思ったり、
描いた人物像を知ったりと色々楽しませてくれますね。

草はともかく、あんまり道端に石は落ちてなかったのですよ。
石畳がほとんどだったので…(´ω`)。草はお持ち帰りできないし。
特に土はNGじゃから。

美しい

行くことはないと思うので、
レポ嬉しい。
こんな場所が実際あるのよねえ。。ウットリ

>にらこ
行こうじぇー行こうじぇー、ヨーロッパ素敵ヨ?。
ネズミー10回我慢すれば行けるじぇ?。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pepeice.blog15.fc2.com/tb.php/235-26b776cb

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

未分類:[18]
日々雑記:[91]
Books&TV:[9]
大航海時代Online:[733]
大航海4コマもどき:[5]
Ragnarok Online:[8]
マビノギ:[2]
FLORENSIA:[3]
海揚がりさん:[2]
動画:[27]
ひつじ村:[1]
ゲーム色々:[8]

Recent Comments

いちねんぶりですしおすし by きょへ (06/16 21: 49)
by pepe-GHP (07/03 23: 21)
by ゆずき (06/20 07: 59)
by pepe-GHP (04/20 06: 48)
by tsukko (04/03 23: 12)
by pepe-GHP (02/25 20: 08)
by 風味だし (02/15 16: 34)

Recent Trackbacks

by お菓子先生 (07/28 10:06)
by ちづるのブログ (07/26 06:23)
by 花咲くアーモンド -大航海時代online- (06/08 02:29)
by Grizelda Quest (06/06 21:37)
by エストランダの大航海日記 (06/06 07:22)

Recent Entries

FF14とか。(´ω`)
冒険心忘れるべからず(´ω`)
クロム様おたんおめ(´ω`)
ファイアーエムブレム覚醒
恒例 4月1日アップデート

Monthly

2013年06月:[1]
2012年06月:[1]
2012年05月:[1]
2012年04月:[2]
2012年02月:[2]
2012年01月:[2]
2011年09月:[2]
2011年08月:[1]
2011年05月:[1]
2011年04月:[2]
2011年03月:[9]
2011年02月:[7]
2011年01月:[1]
2010年10月:[6]
2010年09月:[1]
2010年08月:[2]
2010年07月:[4]
2010年05月:[2]
2010年04月:[4]
2010年03月:[2]
2010年02月:[2]
2010年01月:[3]
2009年12月:[6]
2009年11月:[7]
2009年10月:[7]
2009年09月:[11]
2009年08月:[9]
2009年07月:[14]
2009年06月:[7]
2009年05月:[13]
2009年04月:[13]
2009年03月:[11]
2009年02月:[9]
2009年01月:[11]
2008年12月:[18]
2008年11月:[10]
2008年10月:[12]
2008年09月:[10]
2008年08月:[15]
2008年07月:[18]
2008年06月:[21]
2008年05月:[24]
2008年04月:[22]
2008年03月:[26]
2008年02月:[15]
2008年01月:[13]
2007年12月:[21]
2007年11月:[18]
2007年10月:[14]
2007年09月:[10]
2007年08月:[15]
2007年07月:[17]
2007年06月:[12]
2007年05月:[11]
2007年04月:[6]
2007年03月:[13]
2007年02月:[14]
2007年01月:[9]
2006年12月:[5]
2006年11月:[8]
2006年10月:[16]
2006年09月:[17]
2006年08月:[32]
2006年07月:[19]
2006年06月:[18]
2006年05月:[19]
2006年04月:[15]
2006年03月:[20]
2006年02月:[19]
2006年01月:[20]
2005年12月:[27]
2005年11月:[17]
2005年10月:[24]
2005年09月:[25]
2005年08月:[26]
2005年07月:[40]

ぽけらな一日
なんちゃって日記
陽だまり
お遊びたいむ

4Gamer.net
GAME Watch
ネトゲ研究日誌
ニコニコ動画
pixiv
pya!





GROW CUBE
線解き
ふぁーすとふーど


Profile

pepe-GHP/ぺぺん

pepe-GHP/ぺぺん

性格:超てぃきん
えさ:スイーツヽ(´ー`)ノ
MMO難民。UO、RO、リネ2、トリスタ、マビノギと
渡り歩き、現在は大航海時代オンラインプレイ中。

海竜紋章採用されましたTHX
ノトスは南風の神 ぽるとぎゃー
盗賊シテマス 現在R10…。
Battle Dance
当サイトへのリンクについて

【当コンテンツにおける記事、
画像等の無断転載、 無断コピーを禁じます。】



Tierra Americana

発売中

コエテク公式
Twitterアカウント

info+つぶやき

アメリカ開拓記念祭り
~6th Anniversary~

販売中

公認ネットカフェ
サービス

鯖再開まで休止


■セビリアバザール

毎週土曜日21:00~
in セビリア広場

セビリアオークション

月初土曜日22:30~
in セビリア教会内
※イベント日はお休み



大航海時代Online 公式
〓タラこる〓
まとめwiki 総括
DOL総合掲示板
バザール価格調査
大航海時代Onlineメモ
東奔西走-交易のススメ-
大航海時代Online冒険手帳
論戦デッキビルダー
ナワナワJournal



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。